Advice point 相続相談のポイント

POINT

HOME//相続相談のポイント

相続のことはプロにお任せを

相続のことはプロにお任せを

相続相談は、
早めに対策しておきましょう

相続はいつ・どんなときに発生するかわかりません。関係ないと思っていても、思わぬところに対象があったりすることも。「相続が発生する前」と「相続が発生した後」では、行う手続きも変わってきます。いざというときに慌てないように、事前に相談をしておきましょう。私たちがお手伝いをいたします。

  • まずは事前に確認をしておく

    相続が発生した場合、必要な手続きは多岐にわたります。親族への連絡や葬儀の準備、故人の死亡を証明するため各機関への書類の提出…バタバタとしているときに遺産があることがわかり混乱してしまった、というケースは少なくありません。そうならないために、被相続人も相続人も、どんな遺産がどのくらいあるのか、きちんと把握しておくことが必要です。

    相続相談

    相続相談

    これから相続対策をする方も、これから相続を受ける方も、相続税がどれくらい必要なのかは気になっているでしょう。なるべく税金の支払い金額を抑えるために財産評価や財産目録を作成し、把握しておくことをおすすめします。プラスの相続財産・マイナスの相続財産をきちんと確認し、今後どうするか決めていくことが大切です。

  • 生前贈与

    生前贈与

    生前贈与とは、被相続人が元気なうちに自分の財産を人に分配する制度です。計画的に資産を譲渡することで、将来家族や大切な人が負担する相続税を抑えることができます。しかしながら、贈与税は相続税よりも税率が高いため注意が必要です。きちんと生前贈与における税法上の特例制度を活用し、家族・親族間で起こり得る争族紛争を防ぎましょう。

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    事前に遺言書を作成しておき、相続トラブルを防ぎましょう。遺言書には、自分ですべて作成する「自筆証書遺言」、公正証明として作成する「公正証書遺言」、内容を秘密にしておく「秘密証書遺言」の3種類があります。遺言とは「死後の法律関係を定めるための最終意思の表示」です。「どう書いたらいいのかわからない」というときは、ぜひご相談ください。